{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019114597198   整理番号:71A0188400

アンド土壌の測定された陽イオン交換容量に対する温度の影響

Effects of temperature on the measured cation-exchange capacities of Ando soils.
著者 (2件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 109-117  発行年: 1971年
JST資料番号: E0094A  ISSN: 0022-4588  CODEN: JSSCA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過剰の飽和塩類を水洗除去することなくCECを測定した。土壌および粘土のCECに対する温度の影響は主要な陽イオン置換物質によって変化する。10~20°Cで測定した値と50~60°Cで測定した値をアロフェン,イモゴライト,腐植,カオリン,モンモリロナイトで比較した。CECは中性酢酸ソーダ中では高温で増し,低温にすると部分的に低下する。温度上昇と陽イオン拡散速度とは関係なかった。イオン化に対して遊離な結合活性基の構造変化が高温でCECが増大する主因であると提案された;写図1表5参8
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る