{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602019161606804   整理番号:58A0059387

対流圏伝搬における日変化

Diurnal Influences in Tropospheric Propagation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号: 131  ページ: 198-212  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0015A  ISSN: 0025-2883  CODEN: MARVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ペルシヤ湾に沿う137kmの海岸回線で80Mcの伝搬試験を行なった結果を示した.冬期以外は顕著な日変化があり夜聞は自由空間付近にまで電界が上昇,昼夜の差が40dB以上にも達する.ゾンデによる泌曲線と比較して日中の標準大気,夜間の逆転層,地表ダクトが電界とよく対応する.最大100NUにおよぶ△Mをもつダクトが観測され,3.75mの波長で完全にトラップされることがあった
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る