{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602019165464184   整理番号:58A0064935

塩基性転炉製鋼過程における純酸素使用に関する研究 II

Research on the Use of Pure Oxygen In Refining Processes.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 11  ページ: 1187-1191,1223  発行年: 1958年
JST資料番号: B0074A  ISSN: 0006-4599  CODEN: BLFSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高い歩留り,多量のスクラップ使用による銑鉄消費量の低下,精錬速度の増大,脱りん脱硫の容易さ吹止め時における酸素量の平炉鋼との比較など
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る