{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602019228120723   整理番号:58A0053645

原子炉計測制御におけるModularの概念

Reactor Control Instrumentation.
著者 (3件):
資料名:
巻: 1958  号: 39  ページ: 696-699  発行年: 1958年
JST資料番号: A0339A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
オークリッジ研究所の原手炉の計測方式の改良について述べる。全電子装置は統一されたmodularと呼ぶプラグイン増幅器よりなる。故障,検査のためにこの内の一つが引出されても原子炉は停止することは無く,その結果信頼性,経済性,融通性を増すことが可能となった
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る