{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602019417283960   整理番号:58A0072096

格子肋材骨組を有するタンク屋根の計算

Bemessung von Tankciaechern mit Rippenrostgespaerren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 237-246  発行年: 1958年
JST資料番号: E0132A  ISSN: 0038-9145  CODEN: STAHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
球形屋根の問題についてはKioeppslなどの理論があるが本文は15°ないし25°の勾配を有する球形屋根について肋材が放射線状に並んでいる場合,肋材が格子骨組の場合およびこれらの肋材をうすい膜とみなしうるような板が連結している場合に分けて解いたもので計算例によりて上記理論と一致することを確かめた

前のページに戻る