{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019664644100   整理番号:58A0057579

巻線温度の均一化による大容量変圧器の寿命と負荷率の増大法

Erhohung der Lebensdauer und Belastbarkeit von Gross-transformatoren durch gleichmassigere Wicklungstempe-ratur.
著者 (1件):
資料名:
巻: 79  号: 21  ページ: 814  発行年: 1958年
JST資料番号: B0492A  CODEN: EKZAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
寿命をできるだけ長くし,負荷率をできるだけ高くするには,巻線の上部と下部の温度をできるだけ等しくする必要がある.送油自冷方式FUとWUの変圧器にっいて,簡単な方法で運転上の危険なく,冷い油を変圧器上部に流入させ巻線温度の均一化をはかる方法を述べた

前のページに戻る