{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019670835642   整理番号:58A0072091

格子けた橋の計算

Die Berechnung von Brucken-Tragerrosten.
著者 (1件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 141-147  発行年: 1958年
JST資料番号: E0132A  ISSN: 0038-9145  CODEN: STAHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
固有マトリックスから格子けたの不変量を誘導しクラペイロンの式を基礎とした格子けたに関する式に代入することによって,簡単に格子けたの力学的諸量を計算しうることを示した。従来の方法に比して,格子けたのすべての格点の影響値を一つのマトリックス式によって同時に表示できるという長所をもっている。応用例として,二辺が回転自由に支持され他の二辺が自由な格子けた橋について,ねじれを無視した場合の影響面を求めている
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る