{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019740780433   整理番号:58A0021887

霧の安定性に対する凝縮と集合作用との重要性の比較

The Relative Importance of Condensation and Coalescence Processes on the Stability of a Water Fog.
著者 (3件):
資料名:
巻: 54  号: 11  ページ: 1724-1730  発行年: 1958年
JST資料番号: E0274A  CODEN: TFSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
霧の安定性に対して霧滴間の集合作用と霧滴への水蒸気の凝縮作用の重要さを霧滴が7μ以下の場合について比較した。凝縮作用の理論的重要性,霧滴が電解質を含むと安定性増大
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る