{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019773015252   整理番号:62A0063094

航空機燃料系の腐食と燃料の汚れの影響

Effects of fuel contamination on corrosion of aircraft fuel systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1962  号: 575A  ページ: 1-6  発行年: 1962年
JST資料番号: D0244B  CODEN: SAUPA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
航空用ガスタービンが使用されてジェット燃料によるアルミニウム材の腐食が問題になってきた.ガソリンのとき有効であった表面のトップコーティングはこの場合効果がない.腐食の原因は燃料中の水(ことに塩水),表面活性体,鉄のさびおよび微生物である.表面活性体は燃料中に多くの水を溶かす役目をし,鉄のさびは表面で水を分離させまた微生物の繁殖を助ける微生物は有機酸をつくり,これが鉄のさびと反応してコーティングに孔をあけ,アルミニウムを腐食させるものと推察されるしたがって対策としては燃料の輸送や貯蔵に上記汚れを防ぐ注意をすることになる;写7参12]
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る