{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602019907002632   整理番号:58A0054550

10kcないし10Mc用のインピーダンスおよびインピーダンス偏差測定用の差動ブリッジ

Pont diffeirentiel pour la mesure des impedances et des ecarts d’impedance de 10 kHz a 10 MHz.
著者 (2件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 148-161  発行年: 1958年
JST資料番号: B0220A  ISSN: 0007-9308  CODEN: CTRAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
インピーダンスZの実数部,虚数部を0.01Ωの精度で直読する装置で,元来,同軸対のインピーダンスの不平衡を測る目的で作ったが一般に二つのインピーダンスの差,特にケーブルの入力インピーダンスを純抵抗または標準回路を基礎にして測るものである。測定器構成部分,特性,利用例の記述
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る