{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602020013297701   整理番号:58A0059319

押しボタン式電話の周波数分割方式

Frequency-Division System for Pushbutton Telephone.
著者 (3件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 88-92,324-325  発行年: 1958年
JST資料番号: B0437A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トランジスタ,フェライト,クロスポイントスイッチなどを利用して,押しボタンにより呼出す電話機の実験を行ない良結果を得たことの報告.呼出しパルスは,予め充電されているコイル中の磁気エネルギーがボタンを押すことにより滅衰過渡振動を発生しつつ解放されて生ずるもので,増幅器なしに充分な信号を伝えることができた.音声信号周波数分割には幾何級数間隔を用いている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る