{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602020026886854   整理番号:58A0064429

『温暖な』対流型の雲から降るしゆう雨についての雨滴の粒径分布その他の特性の逐次変動に関する理論的研究

A theoretical study of progressive developments in raindrop size distribution and other characteristics in rain showers from ’warm’ convective type clouds.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 213-224  発行年: 1958年
JST資料番号: C0149A  ISSN: 0019-5383  CODEN: IJMGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
頭上にある大規模な温暖積雲から降るしゅう雨の各段階における雨滴粒径分布や降雨強度を理論的に研究した.雲中の条件を適当に仮定して得られた結果は観測値と一致し,現在承認されている雨滴の結合説および塩核説に対する確証を与える

前のページに戻る