{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602020116499183   整理番号:58A0053909

圧延機制御のための電気的な測定,記録,信号装置

Electronic measuring, recording and signalling in-stallations for control of operations in rolling mills.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1-10  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0314A  CODEN: PSSIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱間,冷間圧延機のローラ圧力と材料の温度は製品の質とプロセスの経済に互に関係する重要な因子である。ローラ圧力を測定.記録する工業的手段の記述。特長はローラの枠上の標準板のひずみと応力をひずみ計で測ることである。ひずみ計は自動平衡ブリッジで測定.記録する
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る