{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602020127075229   整理番号:62A0134122

部晶設計電子工業用半組立品

Design details. Electronic subassemblies.
著者 (1件):
資料名:
巻: 34  号: 12  ページ: 178-180  発行年: 1962年
JST資料番号: D0003A  ISSN: 0024-9114  CODEN: MADEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
半組立品が電子機器の一部として使用されるのは,組立時間と組立工の技能と予備品としマの価格のためで,その利点は(1)初期組立と試験が簡単 (2)立時間の減少 (3)全一半組立品の使用範囲が広いなど,また不利な点は(1)設計価格が高い (2)半組立品固定のための締付金具の費用が高い (3)接続点の数が多くなり配線誤りの可能性増加などをあげ,応用例を写真と共に説明す.例ば多数回路を持っプリント配線板,構成部品板,ソケヅトターレヅト半組立品,多段プラグインユニットなど9っの例を示す;写9図1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る