{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602020191997113   整理番号:58A0052905

“電子工学における構成部品の進歩”1957年9月Malvern(米国)における国際討論会の概要

Developments in Component Design Further Summaries of Papers presented at the Symposium in Malvern.
資料名:
巻: 18  号:ページ: 135-138  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0272A  CODEN: RDEEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁性合金の最近の進歩、磁気パルス発生器、磁気増幅器の設計、小時定敬のスイツチ機構と通信技術への応用、最近の電解コンデンサーの発達・プラスチック誘電体コンデンサー・フエライトおよびその利用について、誘電体材料の概況
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る