{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602020367257510   整理番号:58A0059255

数値制御された連続系に対する統計的設計理論

Statistical Design Theory for Digital-Controlled Continuous Systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 38  ページ: 191-201  発行年: 1958年
JST資料番号: A0338A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
個々の時間における誤差の信号から系を制御するのに,それらの時間全体を通じて誤差の自乗平均を最小に保つ方法を述べた。この方法を用いれば誤差測定で時間を正確に計算しなくても制御を行うことができる。具体的な理論的設計例と実際例を示した
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る