{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602020448841888   整理番号:58A0058049

広帯域伝送系の経済的な使用について

The Economic Usage of Broadband Transmission Systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 212-218  発行年: 1958年
JST資料番号: D0348A  ISSN: 0032-5287  CODEN: POEJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最も経済的な広帯域伝送系では伝送路の経費と端局装置の経費とがバランスしなければならない。通常国内回線では伝送路が比較的安価なので場合によってはチャネル・スペースを4kc以上とし端局装置を安価にしなければならないが,大洋横断ケーブルなどを使用する回線ではその逆である。ここではボコーダ,時分割などの方式を用いてチャネル・スペースを縮少し,より多くの通信を伝送させる方法を述べた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る