{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602020549639753   整理番号:58A0049563

重合体工学の最近の進歩 射出成形における予備可塑化装置の実際的および 経済的重要性と工業におよぼすその効果

Recent Advances in Polymer Technology : The Practical and Economic Importance of Preplasticising Equipment to the Injection Moulder and its Ultimate Effect upon Industry.
著者 (1件):
資料名:
巻: 26  号: 66  ページ: 433-440  発行年: 1958年
JST資料番号: E0289A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
射出成形機の製造能力に影響する諸因子を解析し,これらがいずれも材料の予備可塑化により改良され,さらに価格の低下,品質の改良にも関連があることを,ポリスチレン,ポリエチレン,ポリ塩化ビニルなどについての実例をあげて説明

前のページに戻る