{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602020555825364   整理番号:60A0103041

線形四端子を通る実効電力

Die Wirkleistungsuebertragung mit linearen Vierpolen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号: 10  ページ: 435-?442  発行年: 1959年
JST資料番号: A0447A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
任意の線形四端子を通り終端インピ。ダンスに伝わる実効電力は,電源の有効電力,インピーダンス整合比,四端子実効電力増幅度できまる.これらは電源,四端子入力,終端,との各インピーダンスの関数である.整合比,増幅度,利得はインピーダンス面で各々円をなす.一例として終端インピーダンスの右半平面を限界円の外側に写像する四端子があることを示した
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る