{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602020581666568   整理番号:58A0054330

紙蓄電器含侵剤としてのウールワックスと石油系ジェリとの比較

A Comparison of Wool Wax and Petroleum Jelly as Impregnants for Paper Capacitors.
著者 (2件):
資料名:
巻: 19  号: 10  ページ: 551-553  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0384A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
紙蓄電器の含侵剤に石油系ジェリの代りに羊毛からとったワックスを使用することが考えられた。誘電体損や誘電破壊値,絶縁抵抗値は多少悪くなるが大した害はない。しかし静電容量は約10%増加するという好ましい結果が出た
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る