{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602021104383011   整理番号:58A0048411

ゴムの耐候性改善 I 各種有機ニッケル化合物の試験

A contribution to the study of rubber protection against atmospheric agents.- I. Examination of a few nickel organic compounds.
著者 (1件):
資料名:
巻: 35  号: 10  ページ: 1243-1251  発行年: 1958年
JST資料番号: D0526A  ISSN: 1154-1105  CODEN: RCPLA5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
加硫ゴムの耐候性改善剤としての各種の有機ニッケル化合物の効果を屋外におけるばく露試験および人工的耐候試験における試料のき裂発生状況によって比較した結果キサントゲン酸ニッケルがもっとも有効であることを認め。さらにこれらのNi化合物の紫外吸収スペクトルと耐候性改善作用との関係を究明。本誌35〔7〕の913-921の英訳
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る