{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602021134353303   整理番号:58A0058472

フィルタの減衰域での平均減衰量に関する理論

Теорема о среднем значении затухания в по-лосе задерживания фильтра.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号: 12  ページ: 49-57  発行年: 1958年
JST資料番号: R0028A  ISSN: 0013-5771  CODEN: EKVZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
横軸をだ円周波数目盛x(f1をしゃ断周波数としてf/f1=1/k・Sn(x,k)で表示)で表わしたフィルタの特性減衰量の平均値は,同じ段数の場合,極の周波数の選び方によらず一定になり,最低減衰量との間に簡単な関係があるという法則を導く.この法則は減衰域に対する要求が周波数によって違っているようなフィルタの設計に適用して有効であり動作減衰量にも応用できる
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る