{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602021179634419   整理番号:60A0022978

成果評価を弁護して

In defense of perfomance appraisal.
著者 (1件):
資料名:
巻: 118  号:ページ: 81-87  発行年: 1960年
JST資料番号: C0203A  ISSN: 0017-8012  CODEN: HABRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従業員1人1人の役立ちを評価する現行の方法に対し,批判的論議が出ていたが,この論説は現行の評価法を弁護する立場の主張である。現行の評価法というのは,監督者を交えた被評価者の円卓討論と,監督による個々の被評価者との面接とによるもので,その目的は個々人がその職にあたってより良く働けるよう取り計らうことと,昇進させるべき人材を見出し,グループ全体を常に見渡して行くにある。実際経験にもとずいてその具体的方法を述べ,結論として,反対論者の主張するごときこの方法の危険性は,たしかに考えられるが,あまりに理論的な考慮に過ぎるし,むしろ有効さの方が大きいと主張する
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る