{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602021199610370   整理番号:58A0058014

ピーク呼量による平均待ち合せ時間

Mittlere Wartezeiten bei Verkehrsspitzen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 10  ページ: 507-509  発行年: 1958年
JST資料番号: D0204A  ISSN: 0948-728X  CODEN: NAZEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電報機械中継のような出線数1の待時式交換方式において,1以上のピーク呼量が短時間加わった場合の平均待ち合せ時間について理論的解析を行い,呼量上昇時と降下時の両者について,ピーク呼量とその持続時間とより平均待ち合せ時間を求める実用曲線を与えた。使用法,実測例を示して,ピーク時間があまり長くなければ,待ち合せ時間は比較的小さいことを説明した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る