{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602021357554688   整理番号:62A0067845

LiCl溶液における輸率のイオンと溶液の運動の同時観測法による測定における可溶性電極の応用

Использование растворимых электродов при измерении чисел переноса в растворах LiCl методом совместного наблюдения движения ионов и раствора.
著者 (1件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 840-841  発行年: 1962年
JST資料番号: R0136A  ISSN: 0044-4537  CODEN: ZFKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
可溶性陽極を用いてイオンと溶液の運動の同時観測法により輸率を測するときの誤差を検討した。濃度3.25~15.6Mの範囲でLiCl溶液における腸イオンの輸率の測定において生ずる誤差は可溶性電極での過程による

前のページに戻る