{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602204206379547   整理番号:16A0091249

戸建住宅における窓開放の年推移に関する調査 引違窓の開巾の連続測定法と開巾の年間特性

A SURVEY ON ANNUAL CHANGE OF WINDOW OPENING IN DETACHED HOUSES A method to monitor open-width of sliding window and the annual characteristics of open-width
著者 (4件):
資料名:
号: 719  ページ: 93-100  発行年: 2016年01月30日
JST資料番号: L4761A  ISSN: 1348-0685  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
室内空気汚染に関する年推移研究の基礎として,独立住宅の引違窓開閉と開巾を研究した。プーリ,回転計及び記録計を用いて窓の開巾を連続測定するモニタを開発した。同装置を宮城県内の独立住宅に設置して窓開放の年推移に関する測定分析方法を検討した後,本州各地の独立住宅に設置して開巾を1年間連続測定した。その結果,1)開発した装置を用いて,引違窓の開巾を長期間連続的に測定できること,2)開巾の日推移は,室温と共に居住者の生活習慣が影響を及ぼすこと,3)冷房利用が顕著でない場合の年間室温と開巾率は,左回りの推移を示すこと,等の知見を得た。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
建築環境一般 

前のページに戻る