{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602208999113548   整理番号:16A0178509

セラミックスと異種材料の接合技術 原子拡散接合法によるセラミックスと異種材料との室温接合

著者 (2件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 91-93  発行年: 2016年02月01日
JST資料番号: S0291A  ISSN: 0009-031X  CODEN: SERAA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
原子拡散接合法は,接合するウエハ等の基体の被接合面にスパッタ等で金属薄膜を形成し,同一真空中あるいは大気に取り出した後,薄膜を相互に接触させて接合する方法である。表面活性化法と同様に,室温で基体を接合できる。本稿では,Au薄膜を用いた大気中の原子拡散接合方法を例に,石英やサファイア等のセラミックと異種材料の室温接合の技術ポテンシャルについて解説した。1)接合の基本プロセス:大気中の原子拡散接合の基本プロセス,2)セラミックウエハの接合と接合強度:サファイアウエハを接合したときのAu/Au膜界面の原子配列の進行過程,3)厚みのあるセラミック基体の接合,4)セラミックと鏡面研磨金属の接合:Au/Ti薄膜で石英と鏡面研磨したAlを接合した例。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
セラミック・陶磁器の製造  ,  セラミック・磁器の性質 
引用文献 (16件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る