{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602209148389865   整理番号:16A0007106

高速なMCS列挙を利用した準最弱事前条件推定の改良

An Improvement of Quasi-weakest Precondition Inference using Fast MCS Enumeration
著者 (3件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 4.161-4.175 (J-STAGE)  発行年: 2015年
JST資料番号: Y0628A  ISSN: 0289-6540  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
我々は以前,制約ソルバを用いて,自動生成した述語の組み合わせからなるプログラムの事前条件で最弱なもの(準最弱事前条件)を推定する手法を提案した.これにはminimal unsatisfiable core(MUC)の列挙を利用していたが,計算コストが高いことが主な課題であった.MUCの列挙はminimal correction subset (MCS)の列挙を介して実現できるが,MUCの列挙が高コストである要因の1つは,このMCS列挙の高コスト性にある.我々は,本手法を通じて得られるMCSが (1) サイズを一定値に設定できる (2) MUCの一部を先に求めておくことで列挙を効率化できる,の2性質を持つことに着目し,それら性質を活かした高速化アルゴリズムを3種類提案する.3アルゴリズムそれぞれについて性能評価を行ったところ,いずれも既存手法と比較して速度向上が確認でき,MUC列挙にかかる速度比は最大10.7倍程度であった.本論文ではその結果を報告し,また各アルゴリズムの得失について考察する.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム開発 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る