{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602209403926756   整理番号:16A0130467

伸育型の異なるダイズRHLを用いたソース・シンク関係の解析

著者 (5件):
資料名:
号: 58  ページ: 51-52  発行年: 2015年12月20日
JST資料番号: L2743A  ISSN: 0911-7067  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
伸育型の異なるダイズRHL(残余ヘテロ接合系統)である「刈交122」の有限伸育型系統と無限伸育型系統を供試した。無限伸育型において開花期までに成長した部分(以下,下位)と開花期以降に成長した部分(以下,上位)の2つに分けて,そのソース・シンク関係を有限伸育型と比較,解析した。個葉あたりの光合成能力は両伸育型で等しく,個体あたりの光合成能力は主に開花盛期以降の葉面積の増加によって無限伸育型の方が優れていることが示唆された。無限伸育型下位の精粒重は有限伸育型の約半分ほどであり,上位を含めた無限伸育型全体で有限伸育型と同じくらいの値であった。葉面積あたりの子実生産効率を比較すると,有限伸育型が最も高く,次いで無限伸育型上位,無限伸育型下位の順番であり,無限伸育型は光合成産物を効率的に子実に蓄積できていないことが示唆された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
豆類  ,  植物生理学一般 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る