{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602210948811970   整理番号:16A0233423

現実の交通映像にコンピュータ・グラフィックを合成して作成した擬似的なヒヤリ・ハット映像によるハザード知覚訓練の効果

Effect of Hazard Perception Training with Artificial Near-miss Accident Scenes Made by Adding Computer Graphics to Real Traffic Recordings
著者 (5件):
資料名:
巻: 52  号:ページ: 49-58  発行年: 2016年02月15日
JST資料番号: S0258A  ISSN: 0549-4974  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
事故映像を用いたハザード知覚訓練は効果的であるが,事故映像は偶然にしか撮影できないため,任意の地点の映像で訓練を行えない。そこで本研究では実験参加者が通勤・通学で走行している道路で撮影した映像に交通他者のコンピュータ・グラフィックスを合成することで擬似的なヒヤリ・ハット映像を作成した。11名の実験参加者の自家用車にドライブレコーダを装着し,通勤・通学の運転行動を5往復分記録した。その後,作成したヒヤリ・ハット映像を用いたハザード知覚訓練を実施した。さらに,訓練後の通勤・通学の運転行動も5往復分記録し,訓練前後の運転行動の変化を調べた。訓練後の速度低下は観察されなかったが,訓練後は訓練前に比べて刺激映像撮影地点での交差道路に対する視認時間や視認回数が有意に増加した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
自動車事故,交通安全  ,  図形・画像処理一般 
引用文献 (19件):
  • タブレッ卜端末と事故映像を用いたハザード知覚訓練と運転行動の変化
  • 1) Sabey BE, Taylor H: The known risks we run: The highway, TRRL Report SR567, UK: Transport and Road Research Laboratory, Crowthorne, 1980
  • 2) Treat JR: A study of precrash factors involved in traffic accidents, HSRI Research Revew, 10, 35, 1980
  • 3) McKenna FP, Crick JL: Developments in hazard perception, Final Report, UK: Department of Transport, 1994
  • 4) Pelz DC, Krupat E: Caution profile and driving record of undergraduate males, Accident Analysis and Prevention, 6, 45-58, 1974
もっと見る

前のページに戻る