{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602213919932724   整理番号:16A0502794

一般組織において地理的に分散配置した複製サーバのフェイルオーバ・フェイルバックを可能にする冗長化構成

Redundant Configuration of Geographically Distributed Servers for Failover and Failback in a General Organization
著者 (3件):
資料名:
巻: 57  号:ページ: 967-975 (WEB ONLY)  発行年: 2016年03月15日
JST資料番号: U0452A  ISSN: 1882-7764  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ICTシステムの高可用性は重要な要件となっている。組織においてサービスの信頼性や可用性を向上させたり,BCPを整備したりするような場合においては,地理的に分散して設置されたサーバを冗長化する構成が有効である。しかし,クライアントによっては複数のサーバを指定できないものが存在する。また,複数のサーバを指定できるクライアントであっても,待機系サーバへフェイルオーバした後,主系サーバにフェイルバックしないものが存在する。そこで本論文ではTCPを用いる一部のサービスに対して分散配置されたサーバ間でIP Anycast技術を適用する方法を提案する。この方法ではTCP通信に対してpop switchが発生することを逆に利用し,フェイルオーバだけでなくフェイルバックも可能にする。また適用可能なサービスが満たすべき条件を明らかにする。提案方法を岡山大学のLDAP認証サービスに適用した結果,提案方法の有効性を確認した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム運用管理 
引用文献 (16件):
もっと見る

前のページに戻る