{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602215156183370   整理番号:16A0099696

AVaRに基づいた週間生産計画法の提案-ゲーム理論的アプローチ-

WEEKLY PRODUCTION PLANNING ON THE BASIS OF AVERAGE VALUE-AT-RISK: A GAME THEORY APPROACH
著者 (3件):
資料名:
巻: 58  ページ: 101-121  発行年: 2015年12月
JST資料番号: L5172A  ISSN: 1349-8940  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
環境変化,不確実性等の日常的リスクに対応したレジリエンス(しなやかな回復力)を加味した生産システムの確立が急務である。従来は,不確実環境下の生産計画として,在庫品切れ確率を所与として安全在庫を求める方法,在庫保管コストと在庫品切れペナルティコストを所与としてコストを最小化する基点在庫を求める方法,在庫コストと期間全体の品切れ確率(未達率)を所与として多期間の生産計画問題を確率計画法として定式化し,未達率制約下でコストを最小化する方法などが提案されてきた。これらは,リスクの程度を確率的に表現される目標値に合致させるか目標値以内に収める方法である。しかし,需要量の分散の大きさから生じる在庫量の分布のすそ野の広がりによるリスクは考慮されなかったし,場合によっては,多次元同時確率分布計算を扱わなければならなかった。そこで,本論文は,AVaR(Average value-at-risk)を評価指標とする多期間の生産計画問題について,ゲーム理論を適用して解を求める方法を提案する。解法は,第1段階として,AVaRを評価指標として,計画期間トータルに想定される需要量をゲーム理論におけるシャープレイ値を用いて,各期に配分し,期別の想定される需要量を決定する。次に,第2段階として,ゲーム理論の結果を時系列に展開して期別の生産量を決めるものである。このように決める在庫量,生産量の特性を明らかにする。5期間の生産計画問題に適用し,本提案法の特徴を述べる。本提案の手法は,週間生産計画問題について,従来の「確率で表現される目標値を制約にする方法」ではなく,信頼水準を所与としてリスク評価尺度にAVaRを用い,計画期間全体の想定される需要量を厳守するという意味で,「需要量のトータルな想定値を重視する方法」である。在庫量あるいは,在庫品切れ量の多次元同時確率分布計算を必要としない。最後に,需要が期ごとに互いに相関を持つ場合への拡張が容易であることを示す。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生産工学一般  ,  在庫管理 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る