{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602215757045846   整理番号:16A0232323

面外せん断荷重を側面に受ける異方性だ円筒の解析

Analysis for Anisotropic Tube Subjected Arbitrary Antiplane-Loadings on Lateral Surface
著者 (4件):
資料名:
号: 49  ページ: 1-6 (WEB ONLY)  発行年: 2016年01月
JST資料番号: U0250A  ISSN: 2185-7598  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二次元弾性問題の解析解を求める研究においては,複数の境界を持つ多重連結領域の問題の中でも,等方性材料からなる円筒については,複素応力関数の円柱座標形式表示が可能であるため,容易に応力,変位場を決定することができる。前報で述べたように異方性を示すだ円筒の場合,例え内外二境界が焦点を同じくするだ円群で構成されていたとしても,等方性の場合のように同心円領域には変換されない。本研究では,一般的な異方性弾性材料からなるだ円筒の両側面に面外せん断荷重が作用する際の解を示した。面内荷重を対象とした前報に続き,拘束解除法を用いて解を導き,円筒を対象にいくつかの数値計算を行った。円筒については,面外せん断荷重を対象とした研究が見当たらないため,本文の解の妥当性は,中山らが無限体中に存在する孔に対向集中荷重が作用する場合の解を用いて検証した。その結果,本文の解の妥当性が確認され,集中荷重のほかにこれを近似した分布荷重についても計算例を示した。計算例では筒の内外二境界が焦点を同じくする共焦だ円群の場合についてのみ行ったが,焦点を異にする場合についても問題なく解を得ることができる。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
構造力学一般 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る