{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602216125840400   整理番号:16A0012398

イネインプルメントVoronoi図中の調合澱粉粒の幾何学的形成

Geometrical Formation of Compound Starch Grains in Rice Implements Voronoi Diagram
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  号: 11  ページ: 2150-2157  発行年: 2015年11月
JST資料番号: W1897A  ISSN: 0032-0781  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿では,どのようにしてイネ種子中で澱粉粒が成長し,最終的な澱粉粒(SG)とよばれる透明細粒の形態に収束していくかを調べた。最初に,種子のアミロプラスト中の澱粉粒の数が初期発達段階で胚乳が成熟するまではほとんど一定であることを見出した。次に,澱粉粒と空間点の特異的集合までの距離に基づく空間の数学的モザイク分割であるVoronoi図間の幾何学的類似性を定量的に評価した。In silico成長シミュレーションにより,Voronoi図を表すコンパウンドSGの幾何学的パターンを自由成長澱粉粒とアミロプラストエンベロープ膜間の物理的相互作用により測定した。コンパウンドSGとVoronoi図間の幾何学的類似性はアミロプラスト中の澱粉の最大積載と貯蔵の結果のようであった。このシミュレーションによりどのようにしてコンパウンドSGが形成されるかの理解を深め,また,SGの形態学的変化を説明する可能性を与えた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
稲作  ,  発生,成長,分化 
引用文献 (21件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る