{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602217836788490   整理番号:16A0114500

マイクロホンアレイによるパッシブ型音響風向風速計の検討

Study of Passive Acoustic Anemometer with Microphone Array
著者 (5件):
資料名:
巻: 115  号: 302(EA2015 24-39)  ページ: 29-34  発行年: 2015年11月05日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本報告では,風雑音に見られる低周波帯の相関を用いて,マイクロホンアレイに到来する風の風向と風速を推定,評価し,音響風向風速計としての実現可能性の検討を行う。風向と風速の推定には複数のペアマイクロホンの収録した風雑音から得られる複数の遅延時間を利用する。まず,マイクロホンアレイが収録する風雑音をシミュレーションにより生成し,推定法の妥当性の評価を行い,良好な結果を得た。次に,各マイクロホンを正三角形状に近接させ,タワーファンにより発生させた風の風雑音を屋内にて収録し,その推定精度を評価した。その結果,シミュレーション音源による結果とは異なり,推定した風向と風速の誤差は収録風向に大きく依存することが分かった。これらの誤差の変動は異なる収録音源間で共通して見られたため,既知の推定結果とその誤差の組を参照して未知の推定結果の補正値を近似した。その結果,風向と風速の推定にこの補正法が有効であることを確認した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
時間,速度,加速度,角速度の計測法・機器  ,  オーディオ機器 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る