{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602218006992440   整理番号:16A0277683

公衆衛生重要性に対する特別なリファレンスを有する草食性有蹄動物の食肉におけるβ-カロチンおよびレチノール含有量

β-carotene and retinol contents in the meat of herbivorous ungulates with a special reference to their public health importance
著者 (9件):
資料名:
巻: 78  号:ページ: 351-354 (J-STAGE)  発行年: 2016年
JST資料番号: F0905A  ISSN: 0916-7250  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿の目的は,いくつかの有蹄動物(ウシ,スイギュウ,ヒツジ,ヤギおよびウマ)の肝臓および筋肉における全カロチノイド,β-カロチンおよびレチノール濃度を評価し,対照のWistarラットと比較することである。ウシおよびウマでは,全カロチノイドおよびβ-カロチンの含有量が最も高かった。予想外に,ヒツジは最も高くレチノールを蓄積し,その平均濃度は203±23.34μg/gであったが,スイギュウでは最も低く,平均値は58.28±13.77μg/gであった。筋肉に比べ,肝臓の方が試験したフィトケミカルの含有量が高かった。これら組織の消費は,これら重要なフィトケミカルの必要性をヒトに提供する可能性がある。しかし肝臓,特にヒツジの肝臓の摂取は妊娠女性に望ましくない。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
牛  ,  羊,山羊  ,  馬  ,  生肉の品質と処理 

前のページに戻る