{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602234107823786   整理番号:16A0562920

脂肪酸-アミノ酸結合体の生理機能および生態学的な側面

Physiological function and ecological aspects of fatty acid-amino acid conjugates in insects
著者 (1件):
資料名:
巻: 80  号:ページ: 1274-1282  発行年: 2016年07月
JST資料番号: G0021A  ISSN: 0916-8451  CODEN: BBBIEJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
植物-植食者-捕食者という3栄養段階相互作用系では,植物は植食者が生産したエリシターを認識し,宿主の局在を寄生蜂や捕食者に知らせるための化学的手がかりとして働く混合揮発性物質を放出する。エリシターの検出から揮発性物質の放出に至るまで,植物は,植物-微生物相互作用系に類似した巧みなシステムを利用している。昆虫エリシターに属する脂肪酸-アミノ酸縮合物(FACs)は,自然界で微生物によって合成される化合物に類似している。最近の研究から,先駆をなす微生物関連防御システムよる昆虫エリシターの認識が,FACsを介した3栄養段階相互作用系の起源であることが示唆された。今回,植物が昆虫植食者に対して効果的なこの防御をカスタマイズした方法および昆虫がうまくこれらの防御システムに適応した方法を考慮して調査結果を検討した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
異種生物間相互作用  ,  植物に対する影響  ,  植物生理学一般 
引用文献 (78件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る