{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602238403970839   整理番号:16A1210729

培養心筋細胞の拍動に及ぼす超音波パルスの圧力と継続時間の影響に関する研究【Powered by NICT】

Study on effects of pressure and duration of ultrasound pulse on pulsation of cultured cardiomyocytes
著者 (2件):
資料名:
巻: 2016  号: IUS  ページ: 1-4  発行年: 2016年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
期外収縮のような脈動の破壊を発生させるための短パルス超音波の影響を評価するための培養心筋細胞を用いた実験法を研究している。本研究では,音響放射力インパルス(ARFI)イメージングの安全性に関する基礎的研究のためのより長い保持時間で超音波パルスの影響に焦点を当てた。新生児ラットから分離し,カバースリップ上で培養した心筋細胞はこの研究に使用した。心筋細胞の拍動は電気ペーシング信号によって制御され,脈動に及ぼす超音波照射の影響を,顕微鏡観察により調べた。真空チャンバーを用いて脱気したHankの平衡塩溶液は,キャビテーションによる細胞損傷を除去するために使用した。脈動破壊の誘導に関与するパラメータを決定するために,心筋細胞拍動に及ぼす超音波照射の効果を,種々の超音波圧力とパルスエネルギーを組み合わせた曝露条件下で研究した。結果は心臓脈動への長時間パルスの副作用であるパルスエネルギー,組織の温度上昇を決定するよりも超音波圧力,音響放射力を決定する,に依存することを示した。Copyright 2016 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
音響信号処理 

前のページに戻る