{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602276135735686   整理番号:16A0912403

歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯の圧下を行った顎関節症を伴うAngle II級開咬症例

著者 (4件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 1-9  発行年: 2016年03月31日
JST資料番号: L7076A  ISSN: 1880-9596  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
患者は初診時年齢29歳9か月の女性で,上下顎前歯部叢生と前歯...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=16A0912403&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=L7076A") }}
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
医療用機器装置  ,  矯正 
引用文献 (11件):
  • Riolo ML, Brandt D, Tenhave TR.: Associations between occlusal characteristics and signs and symptoms of TMJ dysfunction in children and young adults. Am J Orthod Dentofacial Orthop 92 : 467-77, 1987.
  • Rusanen J, Pirttiniemi P, Tervonen O, et al.: MRI of TMJ in patients with severe skeletal malocclusion following surgical/orthodontic treatment. Cranio 26 : 182-190, 2008.
  • Uehara S, Maeda A, Tomonari H, et al.: Relationships between the root-crown ratio and the loss of occlusal contact and high mandibular plane angle in patients with open bite. Angle Orthod 83 : 36-42, 2013.
  • Miyawaki S, Koyama I, Inoue M, et al.: Factors associated with the stability of titanium screws placed in the posterior region for orthodontic anchorage. Am J Orthod Dentofacial Orthop 124: 373-378, 2003.
  • 友成博,八木孝和,北嶋文哲,他:矯正用インプラントアンカーの安定性に影響する因子の文献的考察,日矯歯誌71:1-13,2012
もっと見る

前のページに戻る