{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602279948205314   整理番号:16A0751074

単一粒子ナノ製造法で作製したポリ(ビニルピロリドン)にもとづくヒドロゲルナノワイヤの異方性膨張

Anisotropic swelling of hydrogel nanowires based on poly(vinylpyrrolidone) fabricated by single-particle nanofabrication technique
著者 (6件):
資料名:
巻: 54  号: 19  ページ: 1950-1956  発行年: 2016年10月01日
JST資料番号: C0346B  ISSN: 0887-6266  CODEN: JPLPAY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
半径および長さ方向に異方性膨張比を持つ,ポリ(ビニルピロリドン)(PVP)およびN,N′-メチレンビス(アクリルアミド)(MBA)にもとづくヒドロゲルナノワイヤを報告する。PVP/MBAナノワイヤは単一粒子ナノ製造法で作製したが,この方法は,単一イオン事象を用いて高分子ナノワイヤを作製し,これがイオン経路に沿ったイオン軌道内で高分子鎖の架橋反応を生じるものであり,さらにナノワイヤのサイズ(長さおよび半径)は膜厚およびMBA架橋剤量の変化で制御できた。原子間力顕微鏡法を用いて,空気および水中での膨張挙動を観測した。PVP/MBAナノワイヤは,水系環境中で長さおよび半径に沿った異方性膨張を示し,これは,このヒドロゲルナノワイヤが,イオン軌道内に入射する単一イオンの初期エネルギー分布を反映して,不均一な架橋点を持つ架橋ネットワークで構成されるためであった。Copyright 2017 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

著者キーワード (4件):
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
高分子固体の構造と形態学  ,  高分子と低分子との反応  ,  原子・分子のクラスタ 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る