{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602285047006291   整理番号:16A0784055

食品加工に重要な白なた豆タンパク質の物理化学的特性の解析:塩添加によるcanavalinの沈殿現象について

著者 (1件):
資料名:
巻: 31  ページ: 76-81  発行年: 2016年08月
JST資料番号: L0547A  ISSN: 2188-0662  資料種別: 年次報告 (Y)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,ナタマメ抽出液中のcanavalinが低濃度の二価陽イオンで沈殿し,高濃度の二価陽イオンで再溶解する現象を発見した。豆腐加工に見られるように,二価陽イオンの添加によるタンパク質の沈殿現象は食品加工に重要なツールとなり得る。また,この現象はこれまでに報告されておらず,canavalinの新しい性質の発見となった。生物学的観点およびタンパク質科学的観点からも興味深い結果が得られた。具体的には,低濃度のMgCl2添加が分子量約48kDaを示すタンパク質の沈殿を引き起こすことを明らかにし,そのN末端配列がcanavalinのN末端配列と一致することから,低濃度のMgCl2添加により特異的に沈殿するタンパク質がcanavalinであることを明示した。加えて,NaCl添加では沈殿現象を再現できず,低濃度のCaCl2添加で再現できることから,本現象が二価陽イオンによって誘引されることを明らかにした。また,二価陽イオンの高濃度な添加が再溶解を引き起こすことも分かった。さらに,本性質について詳細に検討を行うことで,ナタマメ抽出液中のcanavalinの塩濃度依存的可逆的溶解性の変化について,詳細なモデル図を提示することができた。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の化学・栄養価  ,  野菜とその加工品  ,  植物の生化学 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (7件):
もっと見る

前のページに戻る