{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602287661974296   整理番号:16A0970940

クローズアップ 日本のカキ産地とブランド戦略 国内主要産地におけるカキ養殖経営の特徴と戦略

著者 (1件):
資料名:
巻: 53  号: 11  ページ: 3-6  発行年: 2016年10月01日
JST資料番号: G0742B  ISSN: 2187-1442  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本は世界有数のカキ生産国であり,世界有数のカキ養殖場を有し,世界有数のカキ消費国でもある。2010年におけるカキの国内主要産地は瀬戸内海海域(広島県,岡山県)と三陸地方(宮城県,岩手県)であり,両地域の生産量は国内の89%を占めていた。経営規模は瀬戸内海海域で大きく,中部以北で小さくなる傾向があった。瀬戸内海のように比較的穏やかな漁場の多い海域では筏式養殖,波浪の影響を受ける東日本の海域では延縄式養殖が多かった。むき身カキは経営規模の大きな瀬戸内海海域で生産され,岩手県,三重県,北海道では大規模経営産地との差別化策として殻付きカキの生産量が多かった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
水産経済・経営  ,  水産増養殖一般  ,  魚類以外の水産動物 

前のページに戻る