{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602287765457461   整理番号:16A0577771

振動モードに着目した苗床均平機の自走現象メカニズムに関する研究

Investigation of propelling mechanism of a levelling machine for a seedling bed based on vibration modes
著者 (4件):
資料名:
巻: 82  号: 838  ページ: ROMBUNNO.15-00464(J-STAGE)  発行年: 2016年
JST資料番号: U0182B  ISSN: 2187-9761  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
偏心錘の回転運動によりプレートを振動させて苗床を整地する苗床均平機が,特定回転数で自走速度が増大するメカニズムを実験モード解析および動画像解析により解明した。プレートの同相捻りモードの固有振動数より僅かに高い回転数にて,自走速度が最大となり,剛体モードと捻りモードが特定の位相差で合成される。この場合,後端は楕円長軸を進行方向に傾けた軌跡上を大きく運動し,前端が宙に浮いた状態で後端が地面を強く蹴り,装置は前方に押し出される。次に,後端が浮く局面で前端は接地し,スティックすることで,前端を中心にプレートは回転運動し,後端が元の場所よりも前で接地する。このような接地が交互に行われ,効率的に自走する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圃場作業用機械 

前のページに戻る