{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602288171450395   整理番号:16A1210905

インコヒーレント光源を用いた集束シャドウグラフ法による超音波圧力場画像の雑音低減【Powered by NICT】

Noise reduction of ultrasound pressure field images taken by focused shadowgraphy using an incoherent light source
著者 (3件):
資料名:
巻: 2016  号: IUS  ページ: 1-4  発行年: 2016年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
集束シャドウグラフ法を用いた超音波場の可視化のための簡単な光学的方法を提案した。フィールド画像の品質を改善するために,照射光源のコヒーレンスの影響をレーザダイオード(LD)と発光ダイオード(LED)を用いて調べた。二光源を用いた実験システムを開発し,2.5MHz超音波パルスの音場を可視化した。二画像は,超音波照射なしで採取し,超音波照射なしで撮られた画像は高感度検出と雑音低減のための超音波照射から差し引いた。結果は,光回折の干渉によって発生したLDビームにおけるノイズの影響が画像サブトラクションによって除去されなかったことを示したが,干渉雑音を含まないLEDビームにおけるノイズの影響を成功裏に除去された。LED画像の鮮鋭度が分解されたが,その空間分解能は超音波波長の十分の1よりまだ高かった,集束シャドウグラフ法を用いて得られた音場画像の品質を改善するためのLED照明光源の有用性を示した。Copyright 2016 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
医用画像処理  ,  音声処理  ,  音響信号処理  ,  生体計測 

前のページに戻る