研究者
J-GLOBAL ID:201701000207772012   更新日: 2020年08月24日

野田 哲朗

ノダ テツロウ | Tetsuro Noda
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 社会心理学
論文 (9件):
  • Takeo Saito, Masashi Ikeda, Ryota Hashimoto, Nakao Iwata, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Kenji Kondo, Ayu Shimasaki, Kohei Kawase, et al. Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population. Biological psychiatry. 2017. 82. 1. e9-e10
  • Takeo Saito, Masashi Ikeda, Taisei Mushiroda, Takeshi Ozeki, Kenji Kondo, Ayu Shimasaki, Kohei Kawase, Shuji Hashimoto, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, et al. Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population. BIOLOGICAL PSYCHIATRY. 2016. 80. 8. 636-642
  • 精神科救急システムの知識 行動制限と人権擁護. 2014
  • 医療従事者のためのこれだけは知っておきたい61の法律. 2012
  • Noda T. [Measures against drink-driving by the Japanese Government and local governments]. Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence. 2011. 46. 1. 67-83
もっと見る
MISC (184件):
  • 山田 冨美雄, 野田 哲朗, 徳永 京子, 森下 享佑. 強み活用セルフモニタリングによる職場ストレス緩和効果. 産業ストレス研究. 2019. 27. 1. 164-164
  • 市下 望, 野田 哲朗. 小学生を対象とした「人」と「ものこと」への感謝の介入がストレスおよび楽観性におよぼす影響. ストレス科学. 2019. 34. 2. 111-111
  • 北村 智稀, 野田 哲朗. 小児期の逆境体験(ACE)が嗜癖傾向及びメンタルヘルスに及ぼす影響. ストレス科学. 2019. 34. 2. 112-112
  • Noda Tetsuro. Characteristics of adults seeking diagnosis of a developmental disorder(和訳中). 日本社会精神医学会雑誌. 2019. 28. 1. 14-25
  • 山田冨美雄, 大野太郎, 野田哲朗. ポジティブ心理学介入(PPI)のストレス低減効果:Blessing Count課題を用いて. 日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集. 2018. 25th. 69
もっと見る
書籍 (5件):
  • 精神科救急システムの知識 行動制限と人権擁護
    臨床精神医学 2014
  • 医療従事者のためのこれだけは知っておきたい61の法律
    金宝堂 2012
  • 自殺対策における自殺予防ウェブサイトの活用と効果の検討
    自殺予防と危機介入 2010
  • Cause-specific mortality risk among male alcoholics residing in the Osaka metropolitan area
    Psychiatry Clin Neurosci. 2001
  • Long-term outcome in 306 males with alcoholism.
    Psychiatry Clin Neurosci. 2001
講演・口頭発表等 (5件):
  • 精神科救急システムの知識 行動制限と人権擁護
    (2014)
  • 医療従事者のためのこれだけは知っておきたい61の法律
    (2012)
  • 自殺対策における自殺予防ウェブサイトの活用と効果の検討
    (2010)
  • Cause-specific mortality risk among male alcoholics residing in the Osaka metropolitan area
    (2001)
  • Long-term outcome in 306 males with alcoholism.
    (2001)
学歴 (2件):
  • - 1984 大阪医科大学医学部
  • 大阪医科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (1件):
  • 2015/09 - 兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授
受賞 (1件):
  • 2018/03 - 日本社会精神医学会 最優秀論文賞 発達障害の診断を求める大人の諸相
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る