研究者
J-GLOBAL ID:201701000495632289   更新日: 2021年06月28日

藤田 翔

フジタ ショウ | Fujita Sho
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (5件): 形而上学 ,  分析哲学 ,  科学哲学 ,  時空の哲学 ,  物理学の哲学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2024 時空から学ぶ現代物理学の「抽象的領域・存在者」の実在性
論文 (6件):
  • 藤田翔. 構造的解釈から見た時空の創発:どうして時空原子は時空ではないのか?. 科学基礎論研究. 2020. 48. 1. 1-19
  • 藤田翔. 時空の実在性と現代物理学との関わり. 大阪大学(博士論文). 2019
  • 藤田翔. Contemporary Physics and Philosophy Approaching the Beginning of Spacetime. 2018
  • 藤田翔. ビッグバン宇宙論における時空の構造実在論的解釈 : 空間は膨張しているのか?. 科学基礎論研究. 2017. 44. 1. 1-14
  • 藤田 翔. 一般相対性理論における時空論の実体説と関係説、そして構造実在論への展開. 年報人間科学. 2016. 37. 123-141
もっと見る
MISC (3件):
  • 藤田翔. TARB書評: 戸田山和久『科学的実在論を擁護する』. 2021. 22. 1-1
  • 藤田翔. 時空を研究するための基礎理論と知識. 日本の研究者出版運営メディア. 2020. 40
  • 藤田翔. 石本基金「国外学会参加費用補助」成果報告. 日本科学哲学会ニューズレター. 2017. 53. 13-15
書籍 (1件):
  • 世界の複数性について
    名古屋大学出版会 2016
講演・口頭発表等 (17件):
  • Spacetime and Fundamental parts
    (第16回論理学、方法論、科学技術哲学国際会議 チェコ, プラハ 2019)
  • 相対論から宇宙論への歴史的な流れに関して
    (科学基礎論夏のセミナー2018 2018)
  • Contemporary Physics and Philosophy Approaching the Beginning of Spacetime
    (世界哲学大会2018 中国, 北京 2018)
  • 物理的存在者と構造
    (科学基礎論学会2018年度総会 2018)
  • 時空論と物理学、そして形而上学との関わり
    (日本科学哲学会第50回(2017年度)年次大会 2017)
もっと見る
Works (4件):
  • 物理学の現状と時間論における形而上学との関わり
    藤田翔 2017 - 2017
  • 真空の真理値は?
    藤田翔 2016 - 2016
  • 分析哲学から見る時空論
    藤田翔 2015 - 2015
  • 時空の哲学の必要性に関して
    藤田翔 2014 - 2014
学歴 (4件):
  • 2015 - 2019 大阪大学大学院
  • 2011 - 2013 京都大学大学院 物理学・宇宙物理学専攻物理学第二分野
  • 2005 - 2011 慶應義塾大学 物理学科
  • 2002 - 2005 私立洛星高校
学位 (3件):
  • 理学(学士) (慶應義塾大学)
  • 理学(修士) (京都大学)
  • 人間科学(博士) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋大学 大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 日本学術振興会 特別研究員
  • 2019/11 - 2020/02 神戸大学 文学部 人文学研究科 非常勤講師
  • 2016/10 - 2017/02 大阪大学 人間科学研究科 リサーチアシスタント
委員歴 (1件):
  • 2021/04 - 2022/03 Tokyo Academic Review of Books (TARB) 評議員
受賞 (1件):
  • 2017/10 - 科学基礎論研究 2016年度奨励賞 ビッグバン宇宙論における時空の構造実在論的解釈-空間は膨張しているのか?
所属学会 (2件):
日本科学哲学会 ,  科学基礎論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る