研究者
J-GLOBAL ID:201701000596182853   更新日: 2020年08月26日

藤井 貴之

Takayuki Fujii
所属機関・部署:
職名: 嘱託研究員
研究分野 (2件): 社会心理学 ,  基盤脳科学
研究キーワード (5件): 社会性 ,  Oxytocin ,  MR spectroscopy ,  発達 ,  向社会的行動
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 協力行動の決定要因の個人差の解明:思考プロセスに注目した検討
  • 2017 - 2019 向社会的行動の発達的視点・内分泌物質による理解
  • 2015 - 2017 心の理論の発達と社会的ストレスが利他行動に与える影響
  • 2014 - 2015 利他行動の心理的・生理学的基盤の解明
論文 (7件):
もっと見る
MISC (22件):
  • Ishihara, T, Miyazaki, A, Tanaka, H, Fujii, T, Kanari, K, Nishina, K, Takahashi, M, Takagishi, H, Matsuda, T. The relationship between exercise during childhood and cognitive function, brain connectome, and cortical structure in adulthood. Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2019. 8. 6. 267
  • Takahashi, M, Fujii, T, Sun, S, Miyazaki, A, Akashi, T, Furudate, M, Zhang, C, Ishihara, T, Tanaka, H, Takagishi, H, Shimojo, S, Matsuda, T. Free finger tapping tempo reflects intrinsic brain rhythms (2): assessed by resting-state fMRI. 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. 2019
  • Fujii, T, Takahashi, M, Sun, S, Miyazaki, A, Ishihara, T, Tanaka, H, Takagishi, H, Shimojo, S, Matsuda, T. The relationship between implicit leadership in interpersonal rhythmic interaction and trust in a partner. 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. 2019
  • Ishihara, T, Miyazaki, A, Tanaka, H, Fujii, T, Takahashi, M, Matsumoto, Y, Kiyonari, T, Takagishi, H, Matsuda, T. The relationship between obesity and age-related structural brain changes: A multimodal MRI study using the Human Connectome Project-style paradigm. 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. 2019
  • 石原暢, 宮崎淳, 田中大貴, 藤井貴之, 高橋宗良, 松田哲也. 健常成人における体力・運動機能とワーキングメモリーの関係. 第21回日本ヒト脳機能マッピング学会. 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 二者間のリズム相互作用における潜在的リーダーシップとペア相手への信頼との関連
    (第42回日本神経科学大会 2019)
  • 他者への気配りの発達的変化-未就学児と20~50代の成人を対象とした横断研究-
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 未就学児における間接互恵性の発達-選別的利他行動の検討-
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 向社会的選好の抑制による行動の切り替え:Human Connectome Project (HCP) パイプラインを用いた検討
    (第41回日本神経科学大会 2018)
  • 飲料の口あたりと後味の評価に関連する島皮質の異なる活動
    (第41回日本神経科学大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (玉川大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る