研究者
J-GLOBAL ID:201701000627188324   更新日: 2021年05月13日

太田 昌志

オオタ マサシ | OTA Masashi
所属機関・部署:
職名: 大学院生(博士後期課程)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 教育社会学 ,  社会学
研究キーワード (6件): 子どもの政治意識 ,  政治的社会化 ,  教育費 ,  コミュニケーション能力 ,  社会調査 ,  教育社会学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2022 学校における政治的社会化:政治・社会に対するあきらめの形成メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 生活困窮世帯の中学生を対象とする学習支援事業の効果検証のためのパネル調査
論文 (4件):
  • 太田昌志. 中学生・高校生の政治関心と意見表明抑制の規定要因--管理的な学校教育,家庭教育の経験による政治的社会化. 早稲田大学大学院教育学研究科紀要 : 別冊. 2021. 28. 2. 119-125
  • 太田昌志. 年齢層によるコミュニケーション能力に対する意味づけの違い. 早稲田大学大学院教育学研究科紀要 : 別冊. 2020. 27. 2. 125-136
  • 太田昌志. 家庭内の経済的資源分配からみる子どもの教育格差--消費生活に関するパネル調査を用いた小学生から高校生の学校外教育費の分析. 〈教育と社会〉研究. 2019. 29. 83-88
  • 太田昌志. 子どもの投票意欲と内的政治的有効性感覚--小学生から高校生の親子データの分析. 〈教育と社会〉研究. 2018. 28. 1-12
MISC (7件):
  • 太田昌志, 白川優治. 戦後低所得世帯の子どもの高校進学をめぐる経済的,文化的環境. 2019 年度課題公募型二次分析研究会 戦後福祉国家成立期の福祉・教育・生活をめぐる調査データの二次分析研究成果報告書. 2020. 23-36
  • 太田昌志. 子どもの家庭経済状況の認識. 2017年度参加者公募型二次分析研究会夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書. 2018. 187-194
  • 太田昌志. 2009年政権交代の経験と内的政治的有効性感覚の変化. 2016年度参加者公募型二次分析研究会現代日本人の政治意識と投票行動に関するデータの二次分析研究成果報告書. 2017. 57-70
  • 太田昌志. Children's Abilities and Parents' Socio-economic Backgrounds. Social Science Japan Newsletter. 2017. 56. 10-15
  • 太田昌志. 「勉強が将来のために役に立つ」と思うことは自主的な学びにつながるのか. ベネッセ教育総合研究所 オピニオン. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 話し合い活動のかくれたカリキュラムが子どもの政治的疎外意識に与える影響--小学6年生・中学1年生に対する質問紙調査の分析から
    (2021年度日本選挙学会研究会 2021)
  • 内定獲得後の企業との関係が学生に与える影響--卒業前7月-2月の大学生パネル調査から
    (日本教育社会学会第72回大会 2020)
  • Political Interest and Expression of Opinion: Political Socialization of Seventh to Twelfth Grade Students in Japan
    (BNU, KU, UCLIOE, UIUC, & WU Academic Exchange Program 2019 2019)
  • 中学生・高校生の政治関心と意見表明抑制の形成メカニズム
    (日本教育社会学会第71回大会 2019)
  • コミュニケーション能力による評価に対する意識の構造
    (日本教育社会学会第70回大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2019 - 現在 早稲田大学大学院 博士後期課程
  • 2011 - 2014 一橋大学大学院 修士課程
  • 2007 - 2011 名古屋市立大学 現代社会学科
学位 (1件):
  • 修士(社会学) (一橋大学)
経歴 (9件):
  • 2020/10 - 現在 玉川大学 教育学部 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2020/04 - 現在 東邦大学 理学部 非常勤講師
  • 2017/10 - 現在 埼玉医科大学 保健医療学部 非常勤講師
  • 2017/10 - 2019/03 東京大学 社会科学研究所 附属社会調査・データアーカイブ研究センター 特任研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2019/09 - 現在 日本教育社会学会 事務局員
所属学会 (5件):
日本キャリアデザイン学会 ,  日本子ども社会学会 ,  日本選挙学会 ,  日本特別活動学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る