研究者
J-GLOBAL ID:201701001483497579   更新日: 2020年08月31日

永井 遼

ナガイ リョウ | Nagai Ryo
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (4件): 宇宙線 ,  ニュートリノ ,  超対称性 ,  高エネルギー物理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2023 宇宙ニュートリノによる標準模型を超えた物理の探索
  • 2018 - 2023 IceCube-Gen2 実験で拓く高エネルギーニュートリノ天文学の新展開
  • 2017 - 2019 高感度光電子増倍管を用いた次世代光検出器のための読み出し・制御システム開発
論文 (2件):
  • R. Nagai. Searches for electroweak production of supersymmetric charginos, neutralinos and sleptons with the ATLAS detector. PoS. 2014. DIS2014. 112
  • 永井, 遼, 陣内, 修, 岸田, 拓也, 寄林, 侑正, 池上, 陽一, 海野, 義信, 木村, 直樹, 近藤, 敬比古, 高嶋, 隆一, 寺田, 進, 東城, 順治, 永井, 康一, 中野, 逸夫, 花垣, 和則, 原, 和彦, 寄田, 浩平. 14aSK-4 SLHC用プラナー型ピクセル検出器の性能評価(14aSK 次世代コライダー検出器・回路・陽電子源,素粒子実験領域). 日本物理学会講演概要集. 2010. 65. 2. 20
MISC (1件):
  • Y. Unno, S. Mitsui, S. Terada, Y. Ikegami, Y. Takubo, K. Hara, Y. Takahashi, O. Jinnouchi, T. Kishida, R. Nagai, S. Kamada, K. Yamamura. TCAD simulations of silicon strip and pixel sensor optimization. Proceedings of Science. 2011. 137
講演・口頭発表等 (3件):
  • Development of the front-end electronics for the new optical module "D-Egg" for IceCube-Gen2
    (5th International Workshop on New Photon-Detectors (PD18) 2018)
  • Searches for electroweak production of supersymmetric gauginos and sleptons with the ATLAS detector
    (XXII. International Workshop on Deep-Inelastic Scattering and Related Subjects 2014)
  • Evaluation of novel KEK/HPK n-in-p pixel sensors for ATLAS upgrade with testbeam
    (The 8th international "Hiroshima" Symposium on the Development and Application of Semiconductor Tracking Detectors 2012)
学歴 (1件):
  • 2012 - 2015 東京工業大学 大学院理工学研究科 基礎物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (2件):
  • 2017/02 - 現在 千葉大学 特任助教
  • 2015/10 - 2017/01 お茶の水女子大学 特任リサーチ・フェロー
受賞 (1件):
  • 2017/02 - 東京工業大学 手島精一記念研究賞(博士論文賞)
所属学会 (3件):
宇宙線研究者会議 ,  高エネルギー物理学研究者会議 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る