研究者
J-GLOBAL ID:201701001805578073   更新日: 2020年10月14日

松井 健人

マツイ ケント | MATSUI Kento
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 教育学 ,  図書館情報学、人文社会情報学
研究キーワード (5件): 図書館史 ,  教養 ,  読書 ,  教養主義 ,  ドイツ教育史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 教養理念をめぐる民衆図書館活動の展開-ヴァイマル期・ナチ期を中心に-
論文 (10件):
  • 「大正教養主義の起源」東京帝国大学教師ラファエル・フォン・ケーベルと学生たち--大正教養主義創成期の歴史社会学的考察(Forthcoming). 2020
  • 松井 健人. 教養・読書・図書館--ヴァイマル期・ナチ期ドイツにおける教養を巡る民衆図書館活動に関する歴史的研究. 東京大学博士論文. 2020
  • 松井 健人. ヴァイマル期ドイツ社会教育・民衆教育における教養理念--フリットナー素人教養論争の再検討と共通基盤の解明. 研究室紀要. 2020. 46. 207-215
  • 松井 健人. 旧制第一高等学校のドイツ語教育課程と教授方法にかんする史的考察--東京大学大学院総合文化研究科・教養学部駒場博物館第一高等学校関連資料を中心に. 東京大学文書館紀要. 2020. 38. 1-18
  • 松井 健人. ドイツ民衆図書館における路線論争--開架制と閉架制を巡る対立. 図書館界. 2019. 71. 4. 230-239
もっと見る
MISC (4件):
  • 松井 健人. 書評 シュレッティンガー著『図書館学ハンドブック』. 図書館文化史研究. 2020. 37. 137-143
  • 松井 健人. 教養=人間形成の終焉--ナチ期Bildung概念検討のためのマイヤー事典を用いた予備的考察. 研究室紀要. 2018. 44. 201-207
  • 松井 健人. 近代ドイツ市民社会における図書館の意義に関する考察. 図書館綜合研究. 2017. 17. 48-56
  • 松井 健人. ヴァイマル期ドイツにおける教養市民層と民衆教育--教養市民層の「教養」理解への問題視角. 研究室紀要. 2017. 43. 185-192
書籍 (1件):
  • 明日へ翔ぶ 5: 人文社会学の新視点
    風間書房 2020 ISBN:4759923195
講演・口頭発表等 (11件):
  • ヴァイマル期ドイツにおける閉架式図書館と図書館利用者研究の創始--W・ホーフマンの活動を中心に
    (日本図書館情報学会 第68回研究大会 2020)
  • 読書する教養主義--阿部次郎の教養論と読書論の再検討
    (日本教育学会 第 79回大会 2020)
  • 大正教養主義とドイツ語--旧制第一高等学校におけるドイツ語科目に焦点化して
    (関東教育学会 第67回大会 2019)
  • ヴァイマル共和国における1926年青少年俗悪図書保護法の成立とその教育史的意義
    (教育史学会 第63回大会 2019)
  • 18-19 世紀転換期ドイツ語圏における児童への言語教育の方法の展開--J.ランシエールとF.キットラーの議論を手がかりに
    (日本教育学会 第78回大会 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2017 - 2020 東京大学大学院 総合教育科学専攻 博士課程
  • 2018 - 2018 ベルリン自由大学
  • 2015 - 2017 東京大学大学院 総合教育科学専攻 修士課程
  • 2011 - 2015 東京大学 教養学科
  • 2013 - 2014 ミュンヘン大学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2020/10 - 現在 相模女子大学 非常勤講師
  • 2020/10 - 現在 日本学術振興会 特別研究員 PD(資格変更)
  • 2019/04 - 2020/09 日本学術振興会 特別研究員 DC2
  • 2017/04 - 2019/03 那須看護専門学校 非常勤講師
  • 2017/04 - 2018/03 国際ティビシィ小山看護専門学校 非常勤講師
受賞 (2件):
  • 2019/11 - 関東教育学会 研究奨励賞
  • 2017/06 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(全額免除)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る